院長コラム Column

何回も罹るの?

院長コラム院長ブログ

何回も罹るの?

7月24日

本当なら今日はオリンピックの開会式だったんだよね~(T_T)

先週のセミナーの帰りに、電車の中からチラッと見えた国立競技場・・・

さてさて気を取り直して、今日も質問に対しての私なりの解説(専門家じゃないから)の続きを書いて行きますね。「コロナの抗体が3が月で無くなるってTVで言ってたから、もし罹ってもまた罹るの?」という質問を頂きました。

う~ん・・・3カ月で無くなったりはしないと思うよ。細胞性免疫とか抗体は戦うウイルスが体内から居なくなれば戦わなくていいので、リンパ節とか骨髄で種みたいに小さくなっておとなしくしているだけなので、無くなったりはしなくて、ちゃんと体内にいて、静かにしているだけだと思うよ(-_-)zzz

そして、また同じウイルスが侵入して来たら、一度戦った相手の記憶があるので、チームメンバーが急速に増えて一気に戦う事で早い討伐となるわけですね。

つまり、無くなるんじゃなくて戦う敵がいない時は小さくなっておとなしくしているだけだと思います。人の身体って凄いよね~\(◎o◎)/!

「はたらく細胞」シリーズを読んで、勉強しておいて良かった~(^^ゞ

 

 

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

里帰り
サブレ
威風堂堂
072-633-5790